気持ちは大学生

大学の学費にあたる140万円を、フル単しながら1年半で貯めたしゆうです。大学生にとって重要な、アルバイト・就活・サークルなどの情報がてんこ盛り。

【新卒1人暮らし】手取り15万円でも月に3万円貯金する方法5選

f:id:shiyuu_you:20180531205716j:plain
手取り15万円の一人暮らし社会人が、無駄遣いを減らして毎月3万円の貯金をするために心掛けていること。

 

どうも、社会人1年目のしゆうです。
社会人として一人暮らしを始めてみると、意外にも生活のための消費って結構かかるんだなと感じています。

正直、社会人で一人暮らしをするより、大学生として実家住まい&バイトをしていた時のほうが自由なお金が多かったです。
しかし、手取り約15万円ながらも、月に3万円は貯金できるように色々と工夫しています。
そこで、僕がどんな節約法で無駄遣いを減らしているのか紹介していきます。

 

 

手取り15万円で月に3万円貯金する方法5選

1.1日の食費上限を決める

f:id:shiyuu_you:20180223165320j:plain

生活に欠かせないものは衣・食・住の3つです。
この中で”住”に関しては普段の生活で減らすことはできませんから、毎日消費する”食”に着目します。

ただ食費を抑えようとするのではなく、1日の食費上限を1,000円以内と決めたり、1週間で7,000円と決めたり、目標をもって過ごすことが肝心です。
僕は1日800円以内と決めているので、1日に使った食材の合計額を毎日計算するようにしています。

例えば、1日のご飯の計算をしてみましょう。

朝ごはん
・フルグラ:50円(50g)
昼ごはん
・お米:25円(0.5合)
・おかず(冷凍食品):200円
夜ごはん
・お米:25円(0.5合)
・副菜:150円
・主菜:300円
合計:750円

 

2.使ったお金は記録する

f:id:shiyuu_you:20180202153007j:plain

 2つ目に大事にしていることは、使ったお金を記録すること。つまり、支出の見える化を意識しています。
スマホの家計簿アプリを使えば簡単に家計簿をつけることができるので、その日もらったレシートは必ずとっておき、夜寝る前に記録すること。

無駄な出費を目で確認することで翌月に活かせますし、「これだけ頑張った」という自信にもつながります。

 

3.コンビニ・自販機には立ち寄らない

f:id:shiyuu_you:20180120134342j:plain

これは大学時代から続けていることなのですが、まずコンビニに入らないこと。そして、自動販売機の前で立ち止まらないこと。
コンビニで500mlのペットボトルジュースを買うと150円ですが、スーパーで同じ値段を出せば1.5Lのジュースが買えます。

水筒に入れて持っていけば単純計算2本分も節約できますし、年間で考えるとかなりお得ですね。

 

4.賞味期限・消費期限を管理する 

f:id:shiyuu_you:20180118223935j:plain

1番目に紹介した食費の上限を決めるというものと似ていますが、賞味期限・消費期限をしっかりと把握しておくのも無駄遣いを減らすためには重要です。
食品ロスとも呼ばれ、まだ食べられるのに捨てられてしまう食品もあります。こうした事情から賞味期限と消費期限の違いや、その管理も無駄遣いを減らすためには重要なのではいなでしょうか?

■賞味期限・消費期限の違い■
賞味期限
・品質が変わらずにおいしく食べられる期限
消費期限
・安全に食べられる期限
引用:消費期限と賞味期限:農林水産省

 

5.欲しいもの・やりたいことの目標を決める

f:id:shiyuu_you:20180114164907j:plain

「闇雲に無駄遣いを減らして、貯金をする」と決めてもなかなかモチベーションは続きません。
そこで、自分の中で欲しいものorやりたいことを決めておきます。

僕の場合、買いたい株があるのでそれを買うための資金作りだと思って、楽しく無駄遣いを減らすことができています。

他にもヨーロッパに行きたいなら30万円ぐらいはかかりますから、それをモチベーションにしたり、欲しい車なんかもいいですね。

 

まとめ

無駄遣いを減らすことは、毎日のちょっとした心掛けが積み重なってできることだと思います。
なので、小さいことからコツコツと継続して、自分のできる節約術を少しずつ増やしていくことが重要です。

決してお金を使わずに生活することが良いことだとも限りませんが、何か目的意識をもって生活をしたほうが有意義に生活できます。この生活を行っている僕が保証するので間違いないです。

■合わせて読みたい■