気持ちは大学生

大学の学費にあたる140万円を、フル単しながら1年半で貯めたしゆうです。大学生にとって重要な、アルバイト・就活・サークルなどの情報がてんこ盛り。

22歳の大学生がタレント事務所1次審査に受かった話

f:id:shiyuu_you:20180118222317j:plain

大学生が「テアトルアカデミー」というタレント事務所の1次審査に応募したら受かった話。

 

どうも、大学4年生の「しゆう」です。
タイトルにある通り、タレント事務所の1次審査に合格しました。

詳しくは「総合芸能学院テアトルアカデミー 」とのことなので、タレントや俳優、歌手、モデルを育成する所のようです。
鈴木福君が所属してる事務所みたいですね。

ただ、ネットを探しても、赤ちゃんモデルとして採用された記事ばかりでした。
なので、大学生(成人男性)が受かった経緯などを書いていきます。

 

 

 一次審査の内容

 

f:id:shiyuu_you:20180118223935j:plain

1次審査は書類審査です。
ネット上で「テアトルアカデミー 」のページから応募フォームに行きます。
オーディション受験料は無料です。

氏名・性別・生年月日と共に、簡単な趣味・特技、志望動機を書いて、顔のわかる写真1枚を送れば応募完了です。

 

22歳がタレントオーディション1次審査を受けた経緯

f:id:shiyuu_you:20180118225406j:plain
実際に合格すると、結構立派な書状をいただけます。

僕がタレントのオーディションを受けた理由は、はっきり言って友達が受けていたからです。
一応ちゃんと写真まで添付して応募したので、多少の興味はあり、冷やかしではありません。

 

同封されていた書類によると、1次審査は4分の1の合格率らしいです。
ただ、「1次審査の合格率4分の1」という割には、特技や志望動機空欄は空白でも受かりました。

 

22歳の大学生でも1次審査に通った理由

f:id:shiyuu_you:20180118230011j:plain

なぜフレッシュさのない22歳の大学生が1次審査に受かったのか?
考えられる理由として、入学費を徴収する為というのが考えられます。(あくまでも憶測です。)

僕も気になって色々調べたのですが、ブログやTwitterなど、どこを探しても「1次審査不合格だった」という書き込みがないためです。
そして、入学費用を調べてみるとコースによっては20万円を超えることもあり、結構なお金がかかります。

 

こうしたことから、オーディション受け入れの間口が広いのだと考えられるでしょう。

 

1次審査に受かった後はどうなるのか?

f:id:shiyuu_you:20171113182801j:plain

1次審査に受かると、2次審査が待っています。
2次審査は、面接と実技テストです。

■実技テスト内容■
・リズムテスト
・セリフテスト
・歌唱

 

 これに合格すると入学が認められ、レッスンに励むこととなります。

 

2次審を受けるのかどうか?

f:id:shiyuu_you:20180118232228j:plain

2次試験は3月中に行われます。
受けるか受けないかで聞かれたら正直分かりません。

この歳になってオーディションの経験なんて貴重ですからね。無料ですし。
問題は、時期が時期なので、時間とお金がないことです。

 

4月直前になって、就職がどうしても嫌になっていたら受けている可能性大です。

 

まとめ

大学生になって人生初のオーディションに挑戦するなんて、夢にも思っていませんでいた。
タレントとして22歳って考えたら、大分歳くっちゃってる感ありますよね。

でも、何かを始めるのに歳は関係ないとも言いますし、時間があれば本当に2次試験も受けてくる所存です。

これを機会に、「芸能」に少しでも興味を持った方がいれば、受験無料なので「テアトルアカデミー」のオーディションを受けてみることをお勧めします。 

■合わせて読みたい■