大学生しゆうのブログ

大学の学費にあたる140万円を、フル単しながら1年半で貯めたしゆうです。大学生にとって重要な、アルバイト・就活・サークルなどの情報がてんこ盛り。

脱水症状によって高齢者がお風呂で倒れる?!

f:id:shiyuu_you:20171126222837j:plain

銭湯に行った祖母が倒れたその原因。

 

どうも、大学4年生の「しゆう」です。
11月26日のお昼頃、祖母が突然銭湯で倒れてしまいました。
幸い点滴をするだけで回復し、むしろいつもより元気になったんじゃないかと思うほど。

 

今回は祖母がなぜ倒れてしまったのか?ということをこれを読んでいるあなたにも知ってほしくて書いています。
身内の高齢者と一緒にお風呂に行く機会のある方はぜひ読んでください。

 

 

銭湯で突然倒れた原因

f:id:shiyuu_you:20171120161434j:plain

そもそもなぜ倒れてしまったのか?
その原因はタイトルにもある通り、脱水症状にありました。

ネットで「高齢者 お風呂 倒れる」などと検索したら、「ヒートショック」により倒れてしまうと書かれた記事がたくさん出てきます。

 

僕も最初は脳の病気かと疑いましたが、医師によると水分が足りていないときと同様の診断結果が出たそうです。

 

水を飲んでいても脱水症状?

今回、祖母は家で十分な水分を取ったにも関わらず、脱水症状を起こしてしまいました。
これは歳をとるにつれ自分の体の乾き具合が分からず、銭湯で汗として水分が奪われたせいでもあります。

 

対応策は?

家で水を飲んできたからと安心するのではなく、入浴前にも十分な水分補給をしましょう。

高齢者になると温度感覚が分からず、家で暖房をガンガンたいていることもあります。
そうなると身体の水分が低下し、夏場であれば熱中症になりかねません。

 1日を通して十分な水分を取れるよう、家族がサポートすることも大切です。