気持ちは大学生

大学の学費にあたる140万円を、フル単しながら1年半で貯めたしゆうです。大学生にとって重要な、アルバイト・就活・サークルなどの情報がてんこ盛り。

頭に思い浮かんだことをそのまま書きなぐる。

f:id:shiyuu_you:20180102211217j:plain
頭に浮かんだことをそのまま書き直さずに文章にします。

 

どうも、大学4年生の「しゆう」です。
人は1日に約6万回の思考をするそうです。(諸説あります。)

意識下で思考していることもあれば、無意識に思考していることもあるのではないでしょうか。

そこで、「僕が頭の中に浮かんだことをそのまま垂れ流してみよう」と、よくわかんないことを思いついたので、書いていきます。

 

 

とりあえず、大見出しでも書くか

いつも通り書くなら大見出しを書いて、その下に写真を付けます。
が、めんどくさいからいいや。

ちょっとお腹痛い。

 

いざ、「頭の中にあるもの書け」って言われたら意識的には何も考えてないんだな、とびっくりしている次第です。

あ、そうだ。残酷すぎる成功法則っていう本買ったんですけど、僕が今まで読んだビジネス書の中でも結構面白いですよ!!
何がすごいって、人の経験じゃなくてちゃんとした証拠に基づいて書かれているのがすごい。もうすごいの一言ですよ。
「ちゃんとした~書かれている」まで色付きで協調したほうがいいかなと思った。

 

ここらへんで中見出しにしよ

唐突に動物の画像貼りたくなった。

f:id:shiyuu_you:20171229224538j:plain

このワンちゃんの犬種何なんでしょうね。
そうだ。皆さんは犬派ですか?猫派ですか?
僕は犬派です。

だって、ワンちゃんの方が従順で芸とか覚えさせられるじゃないですか。
もしワンちゃん飼ってたら絶対変な芸覚えさせますね。
「地震」って叫んだら横に揺れだす芸とか。

 

ちょっと不安になったから誤字ないか確認しよ。
お、今日は誤字少ないデーかもしれぬ。

いつも誤字りまくって嫌になっちゃいますよ。
そういえば、リアルの友人が僕のブログ校閲して、誤字教えてくれるんですよね。
って書いてあるのも、友人に見られるのか。はずい。

 

ここで小見出し

僕のブログって小見出しあんまり使わないんですよ。
ってか、小見出しって使うの結構難しくないですか?
だって、東京の(大見出し)〇〇大学の(中見出し)〇〇〇〇君(小見出し)ってやったらプライベート情報までわかっちゃうじゃないですか。

ってなんか例えが的外れでしたね。

 

もっかい大見出し

いつもは見出し変えるごとにちゃんと画像使ってるんですよ。
フリー画像拾ってきて、30KB以下になるように圧縮してから貼ってますからね(偉い)

それなのに、僕のブログのページ速度めちゃくちゃ遅いんですよ。

f:id:shiyuu_you:20180102213148p:plain

これ見て。29て。29ておい。
理由はわかってるんですよ。
アイキャッチに使ってる画像を圧縮していないせいなんですよね。

どうやらトップページでアイキャッチ画像の読み込みに時間がかかるようで。

f:id:shiyuu_you:20180102213445p:plain

このページね。
でも、アイキャッチ画像は綺麗な方が見栄えいいじゃん。
見栄えいい方が素敵やん?(紳助風)

せきとまんない。

分かってるならデザイン変えろって話ですよね。
でも、めんどくさいんだもん。

 

なんか部屋寒い

あっしは北海道育ちなもんでして、今も北海道に住んでいるんですが。
部屋が寒い!
もう足が寒すぎる。

なんなら冷蔵庫いらないんじゃないか、ってぐらい寒い。
いや、それはさすがに盛りました。

 

やべぇこの記事どこで終わらせよう。
見切り発車だからオチ考えてなかった。
ごまかせないかな。

さすがに無理だな。

オチの話考えろ。頑張れ自分。

 

よしすべらない話しよう。

 

しゆうのすべらない話

あれは僕が小学生のときです。
友達にK君という友人がいました。
K君と僕はサッカーをやっていて、なおかつ家も近かったので、結構仲が良かったんですよね。

そんなこともあり、登下校はよく一緒に歩いていました。
そしてこのK君が結構変わり者で、近所の家の車庫に雪玉ぶつけては「出てこい化け物!!!!」と叫んだり(AM7:30)、
妹に喧嘩負けして、サッカーの試合の途中で帰ったり、まあまあ破天荒でした。

 

そんなK君といつものように、学校めざして登校していたら、K君は何か見つけたようで、一目散に走っていきました。
そして、その何かをジャンプして踏みつけたのです。

何踏んだんだろうと僕が気になっていると、

「じゃがいもと間違えて”う〇こ”踏んじゃったぁ」

と言って近くの草むらに消えていきました。

終わり。

 

 

・・・終わり!