気持ちは大学生

大学の学費にあたる140万円を、フル単しながら1年半で貯めたしゆうです。大学生にとって重要な、アルバイト・就活・サークルなどの情報がてんこ盛り。

Fラン大学生の驚きの会話内容9選

f:id:shiyuu_you:20180227220712j:plain
聞いててビックリ!Fラン大学生の会話内容9選。

 

どうも、大学4年生のしゆうです。
Fラン大学で過ごしていると、高校までとは違った会話を耳にすることも多いです。
もちろん年齢も違いますし、会話の質は変わって当然ですが。

それを考慮しても低俗な会話が多いと感じます。

そこで僕が聞いていきた会話の中でも、特に驚いたものを紹介していきます。

 

 

Fラン大学生の会話内容

日常編

f:id:shiyuu_you:20180227203648j:plain

Fラン大学生の日常はどんな会話で成り立っているのでしょうか?

1.パチンコ

大学構内でいつも話されている会話がパチンコです。
早い人だと大学1年生の時から先輩に連れられてパチンコを打ち始める学生もいます。

「○○がこの前5万円勝った」とか、「どこだかのパチンコ店はくそ」とか話しているのはよくある光景です。
実際、僕の友人もパチンコについて話していますし、時間があったらすぐにパチンコ店に入っていきます。

それからこの会話は喫煙所で話してることが多いです。

 

2.異性の話

異性の話と言っても高校生のように甘酸っぱい物ではなく、浮気話や夜のお店に関する話です。

男子学生でいえば、「キャバクラで3万使った」だったり、「後輩と一晩遊んだ」だったり、自慢話が多い印象。
女子学生なら「○○が先輩の彼氏取った」とか、「○○の彼氏見た?」とか、他人の噂話が多い気がします。

 

3.酒

お酒の話も多いです。しかも、とにかく飲んだら偉いという風潮。
何杯飲んでもつぶれなかったとか、後輩に飲ませまくったとか、量を飲むことしか考えていません。

なので、ゲームやコールに対する知識は目を見張るものがあります。

 

4.ソシャゲ

僕が大学入学したての頃はモンスターストライク全盛期だったので、イケイケな学生はたいていやっていました。
モンストに限らず、その時流行っているソシャゲの話は絶対に日に1度は話題に上がります。

さすがに奨学金を溶かしてまで課金したとかいう話は聞いたことはないですが。

 

勉強編

f:id:shiyuu_you:20180226162430j:plain

Fラン大学生こそ勉強せずに高校を卒業してしまった若者の慣れの果てです。一体どんな勉強に関する会話をしているのでしょうか。

5.後でノート見せて

勉強に対する意識が低すぎるので、そもそも授業に来ない学生が多いです。
なので、「後でノート見せて」は1限・2限が終わった後のお昼休みによく聞こえてきます。

あとはラインでもたびたびこの会話がされており、真面目に授業を受けている学生はノートを写真で撮って送ることも多いです。

 

6.試験の勉強してないわ

 よく試験前に聞く「勉強していないわ」
実のところを言うとちょっとは勉強してたり、教科書に目を通すぐらいはしてたり、なにかしらの準備はしているものです。

しかし、Fラン大学生は本当に一切勉強せずに、試験前にノートを写します。
それでも何とかなっているので毎年この会話を聞くのでしょう。

 

7.履修登録一緒にやろう

Fラン大学生は特に目的を持たず、大学を選んでいるので、自分の受けたい科目と言うのもそれほど決まっていません。
そうなると、年度始まりは「一緒に履修登録しよう」という誘い文句で、完璧に履修を丸投げする学生もいます。

勉強をしたいことが決まっていて受けたい授業以外を合わせるならまだしも、ほとんどの科目で友達と一緒の状況を作らなければいけないようです。

 

個人的にびっくりした会話

f:id:shiyuu_you:20180227212758j:plain

いつもの会話内容ではないにしろ、個人的に驚いた会話内容をピックアップします。

8.目の前で聞こえるように悪口

よくある、「これ見よがしに嫌味言ってやったわ」系じゃないです。
近くにいる悪口相手が見えていないかのように、第三者に悪口を言っている人がいました。

頭に血が上っていたのかは分かりませんが、物理的に周りを見ず、批判ばかりしている姿に驚きです。
せめて本人に直接言うならまだしも、第三者の気持ちも考えてあげてください。

 

9.虚空に話しかける学生

たまたま授業10分前に到着した時に見てしまいました。周りに誰もいないのに会話をしている学生の姿です。
最初は電話をしているのかと思いましたが、授業が始まってもずっと話していました。

結局はスマホのゲームか何かに文句をつけているようで、授業開始後10分ぐらいはぶつぶつ唱えていたようです。

 

まとめ

Fラン大学生の会話内容で酷い物を挙げるとするなら上のような会話です。
実際には真面目な話をするときもありますし、意識の高いことをいう時もあります。

ただ、比率的に意識低めの会話が多く、やる気のない学生の数も多いということです。

上位大学でも同じような話をする学生もいるとは思いますが、Fラン大学での会話の方があまりに顕著なため、まとめました。

■合わせて読みたい■